ONICHIE WORKS パイロット 【万年筆】パイロットのエラボーを買う前に

【万年筆】パイロットのエラボーを買う前に

パイロットのエラボー購入を検討している方に、ぜひ知ってほしい情報だ。

 

まるで毛筆のようにしなやかな書き心地で国内外ともに人気の高い、パイロットのエラボー。

海外では「ファルコン」の名でした親しまれているこのエラボーの特長は、なんといってもそのニブ(ペン先)の独特の形状にある。

ファルコンのくちばしのように弧を描くことで生まれるしなやかさの虜になる人が、世界中で後を絶たない。
Ads by Google




そんなパイロットのエラボーには、大きく分けて2つのモデルがある。

真鍮製のメタルボディのものと、樹脂製モデルの2種類だ。

樹脂製モデルはブラックとレッド、メタルボディにはブラックとレッドに加えライトブルーとブラウンが用意されている。

そしてそのいずれもが、シルバートリム(ペン先を含む金属パーツがシルバーカラー)のものとなっている。

 

国内未発売のGT

ところが、海外ではブラックの樹脂ボディにゴールドトリムのモデルが存在する

もちろんこれは国内未発売の海外限定モデルだ。

シルバートリムももちろんかっこいいが、このゴールドトリム、なんとも言えない凛々しさではないだろうか。

 

日本から入手する方法

そしてこのゴールドトリムのエラボーを、日本国内から手に入れることができる

そう、以前から何度か紹介しているアメリカ版のAmazonで入手可能なのだ。

価格は日本円にして送料とインポートデポジットを合わせても1万4〜5千円ほどだ。

国内での樹脂モデルの定価が1万8千円、メタルボディが2万5千円ということを考えても、十分に安い。

パイロットのエラボーの購入を考えているというのであれば、間違いなく選択肢の一つとしてこのゴールドトリムを候補に挙げるべきではないだろうか。

日本国内では手に入らない希少性も、たまらなくくすぐられる一本だ。
Ads by Google



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です