ONICHIE.COM テクニック 【デジカメ】写真の加工について

【デジカメ】写真の加工について

写真を加工する。インスタグラムやSNSが流行ってからというもの、加工するのが当たり前になっている人もいれば、加工しないそのままの写真にこだわる人もいる。

そもそもデジカメにしてもスマホにしても、見たままそのままの写真を撮れるわけではないので、ある程度の加工は「見たまま」「感じたまま」を表現するためにはある程度必要なものなのかなぁと思う。

もしくは、カメラをしっかりと設定して、シャッターを押すだけで「見たまま」「感じたまま」の写真を撮れるように腕を磨いたり、カメラの機能を知り尽くしたり。これもなかなか大変。
Ads by Google




いわゆる「加工」と一言でいうけれど、きっとふたつに大きく分けれると思う。

ひとつは「現像」作業としての加工。輝度や彩度、ホワイトバランスなどを調整する加工。

もうひとつは「フィルター」効果としての加工。最近のSNSでいう加工はこっちのほうが多いのかな。

ビンテージ風やソフトフォーカスや色々な補正としての加工。

まぁこれはケースバイケースで楽しめばいいんじゃないかな。

どっちがよくてどっちが悪いということもないけれど、かっこよければいいよね。

 

ただ、やっぱりいずれにしても加工に慣れてしまうと、それに頼ってしまいがちになってくるね。加工ありきで写真を撮ってしまうようになる。これは悪いクセになる予感がするね。

できるだけカメラの持つ性能を引き出して、シャッターを押すまでにある程度を完結できるようにしておかないとなぁ。

 

だってね、この現像作業って、やっぱりかなり面倒だからね。

撮って出しでいけるくらいに精進しなきゃと思うね。
Ads by Google



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です