命をいただくということ

消費する、という言葉に、しばしば僕たちは騙されがちな時がある。 「消費者」という呼称をいつの間にか受け入れ、経済の中でその役目を果たしているような錯覚にとらわれる。   先日、京都でたくさんの「食」に携わる人た…

続きを読む