【万年筆】日本で買えないかっけーパイロット

なんでかな。なんでなんやろ。 海外では万年筆はよりカジュアルな筆記具の一つとして認知されている。 一方日本国内では未だに高級筆記具のイメージが根強い。 確かに高級。高いものは高い。 でもこれはメーカーの戦略の在り方も大き…続きを読む続きを読む

【万年筆】アメリカで買ったほうが安い件

ペン先の乾きが命取りの万年筆からキャップを廃し、ノック式を採用して度肝を抜いたパイロットの超人気万年筆「キャップレス」。 その人気は国内だけでなく世界中で愛されている。いわゆるEDC万年筆のトップセラーのひとつだ。 中で…続きを読む続きを読む

【万年筆】パイロットのエラボーを買う前に

パイロットのエラボー購入を検討している方に、ぜひ知ってほしい情報だ。   まるで毛筆のようにしなやかな書き心地で国内外ともに人気の高い、パイロットのエラボー。 海外では「ファルコン」の名でした親しまれているこの…続きを読む続きを読む

【USA】日本未発売のパイロットコクーン

シンプルで美しいデザイン、手頃な価格、素晴らしい書き味。 人気の理由を書き出せばきりがないほど良くできた万年筆。それがパイロットのコクーンだ。 以前にも書いたが、このコクーンは日本国内限定のネーミングで、海外ではMetr…続きを読む続きを読む

【万年筆】パイロットの海外向けネーミングがカッコよすぎる

国内外問わず、絶大な人気を誇るパイロット万年筆。近年では、今まで万年筆に興味がなかった人たちに向けた「カクノ」が大ヒットし、誰もが知る万年筆メーカーの筆頭としてあげられることも多い。 前回紹介したセーラー万年筆の「サッポ…続きを読む続きを読む

【万年筆】国産金ニブエントリーモデル比較

ドイツ、イタリア、フランス、イタリア、アメリカなど、世界中にはとても高価な万年筆ブランドがたくさんある。もちろんそのほとんどが金ニブ万年筆で、万年筆はどんどん高級嗜好品として敷居が高くなってしまっている。 そんな中で唯一…続きを読む続きを読む