ONICHIE.COM ペリカン 【万年筆】ペリカンM200を侮るな

【万年筆】ペリカンM200を侮るな

ペリカン万年筆といえば、スーベレーンが有名だ。世界最高峰の万年筆のひとつとして名高いペリカンのスーベレーン。そのシリーズの中でも扱いやすいサイズのM400は、世界中で最も愛される万年筆のうちのひとつとして知られている。
Ads by Google




そんなM400とほぼ同じサイズで、スチールニブを採用したモデルがM200だ。M400の半額以下の価格で手に入るこのM200。ペリカンのエントリーモデルとして思われがちなモデルを、そうそう侮ってはいけない。

 

下手すりゃ一生ものレベルの万年筆

かつて僕は、なんとなく欲しくて手に入れたM200に心を折られた経験がある。

購入してすぐに万年筆熱が一気に冷めてしまったのだ。ゴールに出会った時のあの感じ。

書き味、ペン先のしなやかさ、軸の完成度、デザイン、機能、全てが完璧。しかもスーベレーンよりもはるかに安い。「もうこれでええやん」となってしまったのだ。

 

一番オススメはFニブ

このFニブの完成度はシャレにならない。書き味は国産万年筆の金ニブに匹敵するか、それ以上のレベルだ。

今でも毎日、日記を書くのに使っているほど気に入っている。

そして何より、毎年限定カラーが発売されるのも楽しみのひとつ。限定カラーは一度手を出すとコレクター魂に火がついてしまうので、本当に気をつけよう。

 

一生ものの万年筆を探している人は、ぜひこのM200を選択肢に入れることをおすすめする。

ピストン吸入式に不安がある人にはP200というカートリッジとコンバーター両用タイプのモデルもあるので、安心して使うことができる。

ちなみに末尾が0のM200とP200がゴールドトリム、5のM205やP205はシルバートリムとなっている。

 

国産万年筆と同じくらいの金額で、世界のペリカンを味わうことができる最高な一本だ。

Ads by Google



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です