ONICHIE.COM セーラー 【万年筆】国産最高の万年筆は絶対これ

【万年筆】国産最高の万年筆は絶対これ

サッポロ。万年筆の名前としてはピンとこないかもしれない。しかしこと海外では「Sailor Sapporo」といえば最高の万年筆のひとつとして超有名な一本だ。なのに原産国であるはずの日本国内では一切聞いたこともない万年筆のシリーズ名。セーラー万年筆製のこの「サッポロ」とは一体どんな万年筆なのか。
Ads by Google



Sailor Sapporo

セーラーのサッポロとは、ずばり「プロフェッショナルギア スリム」のことだ。デイリーユーズの万年筆としては最高傑作の一本。これ以上ないほどかっこよくて、これ以上ないほど書きやすい。

とりわけ中字のものは、同クラスの万年筆の中でもトップクラスの書き味を誇る。海外で「サッポロ」と親しまれ絶大な人気を誇っているだけのことはある。

でもなんでサッポロなんだろう。

かつて僕は、Twitterでセーラー万年筆の公式アカウントにこのことについて問い合わせたことがある。

「どうしてプロフェッショナルギア スリムは、海外でサッポロと呼ばれているの?」

その答えはこうだ。

「プロフェッショナルギア スリムを発売した当時、外国の人が覚えやすくて発音しやすい名前にしようという話し合いがあった。丁度その頃札幌でオリンピックが開催されていたこともあり、それじゃあサッポロにしよう、ということになった」

これが、セーラー万年筆のプロフェッショナルギア スリムが海外で「サッポロ」と呼ばれるようになった理由だ。

プロフェッショナルギア スリム

これは僕が本当に一番オススメする国産万年筆だ。誰もが一本は持っていてほしいくらいに大好きな万年筆。インクフロー、筆圧の強弱にしっかりと応えてくれるペン先、グリップ感、デザイン、全てにおいて僕の好みにドンピシャな万年筆。

ペン先の刻印も、キャップ頭部に埋め込まれたロゴマークも。全てのディティールにおいて完璧にかっこいい万年筆、その名も「サッポロ」。

ぜひ一度手にとってその完成度の高さに惚れ惚れしてほしい。
Ads by Google



 

“【万年筆】国産最高の万年筆は絶対これ” への 4 件のフィードバック

  1. 以前はカヴェコ情報大変参考になりました。
    セーラー・サッポロとても魅力的です!
    しかしながら、現在、「セーラー 万年筆 プロフェッショナルギア 11-2036 金色」と天秤にかけ、購入を迷っているところです。
    違いなど判りましたらご教授願えますでしょうか?

    1. コメントありがとうございます。
      カヴェコ情報参考にしていただき大変恐縮です。

      さて、セーラーサッポロとプロフェッショナルギアの違いについてですが、サッポロの正式名称がプロフェッショナルギアスリムと言うこともあり、一番の違いは軸の大きさ、太さがあげられます。
      普段使いで持ち歩き、サッと取り出して使いたい場合などはスリムがとても良いサイズです。女性でも扱いやすいサイズですので、男性では少し小さく感じる方もいらっしゃるかもしれません。
      逆にしっかりとした持ち応えのあるのがプロフェッショナルギアです。
      机に向かい、しっかりと手紙などをしたためるのに気持ちのこもる一本です。
      もうひとつの相違点としまして、ペン先です。サッポロが14kに24kメッキなのに対して、プロフェッショナルギアは21kに24kとロジウムのバイカラー(金と銀のツートンカラー)となっております。
      14、21はいずれも金の含有量を示しており、より多くの金を含有する21k、つまりプロフェッショナルギアのほうが柔らかくしなやかなペン先に仕上がっています。
      かといって14kが固いわけでもなく、セーラーの14kペン先はとてもしなやかで日本語の筆記に適した仕上がりです。
      どちらを選ばれても必ず美しい日本語を書くことができる素晴らしい万年筆ですので、本当におすすめです。
      最後に、プロフェッショナルギアの大きさについてですが、決して大きすぎると言うことではなく、サッポロよりもやや太くしっかりとした持ち応えです。
      どちらを選ばれましても、kawakami様にとって大切な宝物となりますよう、素敵な出会いをお祈り申し上げます。

      1. お忙しいところ丁寧かつ長文のコメントを賜り恐縮です。
        購入にあたり、非常に勉強になりました。心から感謝申し上げます。
        また、オニッチさんの文章はとても美しく、わかり易くいつも楽しく拝見させて頂いています。
        いちファンとして今後のご活躍を期待しています。

        1. とんでもございません。
          ありがとうございます。ぜひご参考にしていただければ幸いです。
          文章、お褒めいただきこちらこそ大変恐縮です。
          自信のないまま手探りでのつたない文章ですが、これからもよろしくお願い致します。
          本当に励みになります。
          ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です